歯周病(歯槽膿漏)のための歯列矯正

歯周病(歯槽膿漏)のための歯列矯正

~歯周病で咬み合わせが気になる方へ~

perio-orhto1

歯周病(歯槽膿漏)になると、歯の周りの組織が炎症を起こし、歯茎や歯を支える骨に影響が出て、歯は病的な移動を始めます。これが原因で、すき間ができる、歯茎に歯が当たり傷つける、咬み合わせの高さが低くなる、などの異常がお口の中に現れます。
このような不具合を治すのが、歯周病(歯槽膿漏)のための矯正治療です。



歯周病(歯槽膿漏)の患者様は、比較的年齢が高めの方も多いため、矯正治療を行なうことに不安をお持ちの方もいらっしゃいますが、海外では、このような症例は一般的です。
また、歯周病(歯槽膿漏)の予防という意味でも、矯正治療は有効です。正しい咬み合わせ、きれいな歯列をつくることで、歯みがきがしやすくなり、歯周病(歯槽膿漏)の発生を防ぐことにもなります。